腸腰筋を使って走る

腰痛と股関節の硬さをどうにかしたくて、接骨院に通っている。

私は腸腰筋が全く使えてないらしく、ストレッチを接骨院の先生が教えてくれた。

 

うつぶせになり、ボールを下っ腹に当てて筋肉を刺激するだけなんだけど、効果が素晴らしすぎる。

この腸腰筋のストレッチをしてから走ると、足上げが軽く出来るようになるし、腰痛にならない。

 

f:id:MihoKondo:20180330221122p:plain

f:id:MihoKondo:20180330221130p:plain

走る時に意識するのは、

腸腰筋を使って股関節の伸展、屈曲が行われている

・臀筋と大腿筋を使わない

・道の勾配や方向転換の必要性によってエネルギーの方向を意識する(衝撃をみぞおちで吸収して、進むべき方向に転換する)

・筋力ではなくて、反動を使って、股関節、膝、足首を回転させる

・肋骨から上を持ち上げるイメージで胸を開いて走る

・みぞおちをやや丸めるようにして下半身を引き上げて走る(→足が回転する。イメージはロナウジーニョが加速したときぐんぐんとかきわけるように走ってるところ。)

など。