右足首の捻挫について

2月に入ってすぐ、会社の出張でオーストラリアに行く事になった。

その出発まであと2日、いつも一緒に練習している、小学生のサッカースクールのゲーム練習で、右足首の捻挫をしてしまった。

 

しばらく体調不良で、しっかり身体を動かしてなかった上に、当日も遅れて参加したので、アップ不足のまま、汗もかいてないうちにゲームに参加した。

気迫の塊になってる子供に正面からボールごと蹴り負けて、そのまま前のめりに転倒。

勢いと自分の全体重が右足首にかかって、聞き覚えのあるゴリって音と感触。

あー。

大した事じゃないって信じたくてすぐに立ってはみたものの、膝に手を当てた中腰を保つのがやっとで、

やばそう?って聞かれて、大丈夫って言おうとしたけど痛みで動けなかった。

 

そのままゲームから抜けて応急処置したけど、足を地面に着けると激痛で、1人で歩けなかった。

翌日に健太郎さんに診てもらって、しっかり固定。

さらにその翌日にレントゲン撮影。

その時にテーピングを外したら、グーグル検索でよく見る捻挫の画像と同じ様に、普段の倍くらいの太さにあれ上がって、両くるぶしの下の踵がうっ血していた。

レントゲンの結果、骨は異常なし。

とりあえず、オーストラリア行きを延期しなくて済んで、ホッとした。

 

サッカースクールのメンバーとの写真。

次に会うのは、5月の帰国の時かな。

 

オーストラリアは、日本では考えられないくらい、天然芝のコートがあちこちにあって、サッカー上手くなるしかない環境だし、

女子サッカーも盛んだから、どこかのチームに入る事を目標にしてたんだけど。

大幅に予定が狂ってしまったな。

 

でも、私のもっと先の目標は、高校生になった彼らと同じコートに立って、戦うことだから、

怪我は、しないに越したことはないけど、しっかり身体作りが出来るチャンスと思ってやって行こう。