足関節のつくり

足関節=足首の骨のつくりは、小さな骨が沢山ついてて、とても複雑なので、

怪我を治すのも一筋縄ではいかないらしい。

 

捻挫による、内くるぶし周りの痛みと腫れ、踵の歪み、これらの弊害でなったと思われる内反小趾を治すのに、いろいろ調べていたら、

素晴らしく丁寧で、分かり易い足関節の解説を見つけた。

f:id:MihoKondo:20180408002421j:plain f:id:MihoKondo:20180408002437j:plain

f:id:MihoKondo:20180408002449j:plain f:id:MihoKondo:20180408002615j:plain

f:id:MihoKondo:20180408002722j:plain f:id:MihoKondo:20180408002730j:plain

f:id:MihoKondo:20180408002800j:plain f:id:MihoKondo:20180408002814j:plain

f:id:MihoKondo:20180408002855j:plain f:id:MihoKondo:20180408002904j:plain

f:id:MihoKondo:20180408002939j:plain

f:id:MihoKondo:20180408002952j:plain

f:id:MihoKondo:20180408003008j:plainf:id:MihoKondo:20180408003035j:plain

f:id:MihoKondo:20180408003121j:plainf:id:MihoKondo:20180408003131j:plain

f:id:MihoKondo:20180408003229j:plain

f:id:MihoKondo:20180408003250j:plain

f:id:MihoKondo:20180408003316j:plainf:id:MihoKondo:20180408003328j:plain

以上画像全て、秋元接骨院HPから転用。

 

踵の歪みは、この踵骨と距骨の重なりのずれが主な原因っぽい、という所まで分かった。

とにかく、この距骨を少しでも正しい位置に調整してみたところ、

足首の背屈時の内くるぶしへの負担、痛みが減った。

この距骨の調整を朝晩2回して、様子を見る。