勉強メモ : 拮抗筋肉とは

筋肉は、伸び縮みするモノなんだけど、実は、筋肉の中心部に向ってしか力を発揮出来ない、というのはあまり知る機会がないかもしれない。

 

では、いったん中心方向に向って縮んだ筋肉が、どうやって伸ばされるのか、というときに出てくるのが拮抗筋。

それぞれの筋肉が持っている、自分を伸ばしてくれるパートナー的な筋肉で、必ず存在してる。

 

例えば、上腕二頭筋に対する上腕三頭筋大腿四頭筋に対するハムストリングス(大体2頭筋)がそれに当たる。

 

ただ、拮抗筋同士のバランスが取れているかというと、そうでもなく、それぞれ異なった性質や形状があるので、場所に合わせてトレーニングしないと、怪我や運動能力の低下につながってしまう事もありえる。

 

屈筋はスピードや可動域重視、伸筋は力重視の構造になっているので、

例えば膝の屈曲筋力は、伸展筋力の50〜60%と言われている。

大体四頭筋とハムストリングがもし同じ大きさだったら、ハムストリングの強さは、ほぼ半分ということになる。

 

日常生活では、特に問題はないけど、スポーツ選手のような下半身で大きなパワーを発揮する場合には、そのバランスのままで競技を続けていると、大腿四頭筋の力にハムストリングスが肉離れを起こしたり、重度の障害が起きてしまう可能性がある。

なので一流選手の見た目は、ハムストリングスの方が倍近く発達している。