慢性痛に対するマッサージの効果が一時的な理由

きちんとマッサージをすると、筋肉は緩む。

でもずっと緩んでいてはくれない。

 

筋肉は関節を安定させるという目的も持っている。

人間の身体は、たくさんの筋肉によって関節が支えられ、身体が支えられている、という事情がある。

しかも良く出来ていて、もしどこかの筋肉が何かの理由で動かなくなったとしても、出来る限り他の筋肉で補って、身体の動きを支えるようになっている。

なので、何らかの理由で筋肉の低下を起こしている部分は使わないで生活している。

 

生活は出来ているんだけど、本来ささえるべき筋肉が働いていないので、バランスは取れていない。

そのバランスを取る為に、他の筋肉を強く働かせ続けた結果、筋肉が硬くなる、というサイクルがあって、筋肉は硬くなっている。

 

なので、マッサージで一時的に硬い筋肉を緩めても、頑張り過ぎの現状を変えないと、またすぐに元の硬い筋肉に戻ってしまう。

つまり、弱っている筋肉をトレーニングして、頑張りすぎている筋肉を助けることで、筋肉は緩む。

 

トレーニングの継続と、そもそもその筋肉が弱くなってしまった理由とを解決していくことで、身体の不具合を修正していく、という地道な行為でしか、身体は変わらない。